Print Friendly, PDF & Email

 鳥取県産業振興機構では、3月初旬に広島市に本社を置く総合食品商社「中村角株式会社」様のバイヤーと県内食品事業者による個別オンライン商談会を開催しました。機構本部(鳥取市)と機構西部センター(米子市)の両会場を中村角様とウェブ会議システムで結び、県内の食品事業者13社がカレーキットやラーメン、水産加工品など、自社商品の魅力を売り込みました。

 バイヤーからは、「鳥取県の食品は原材料にこだわり、商品的にも良いものが多い。」
と好評で、具体的な商談に進んだ案件も複数ありました。

 オンライン商談は、時間やコストが削減できる等のメリットがありますが、「相手の反応が分かりづらい」、「コミュニケーションが取りにくい」といった声も聞かれます。今後は、新型コロナウイルス感染拡大の状況を見ながら、対面とオンラインを使い分けた商談会及び個別マッチングを企画し、皆様の販路開拓を支援してまいります。